MENU

クリアネイルショットが悪徳だといわれている理由は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

クリアネイルショットが悪徳商品なのかどうかを徹底的に調査しました。

 

ネットで買える爪水虫薬を探しているとクリアネイルショットというジェルがあることを知りました。

 

ただ、いざ購入しようと思って口コミを探していると下のような書き込みを見つけてしまい、実は悪徳商品なのではないかと疑いを持つようになってしまいました。

A.クリアネイルショットはどこで売っていますか?
爪水虫にクリアネイルショットが良いと友人に聞いて購入を考えています。

 

クリアネイルショットは薬局では取扱いされていないようですが、通販以外では購入できないのでしょうか?

 

クリアネイルショットが売っている場所を知っている方がいましたら教えてください。

 

Q.ああ、その商品はな、マトモな店舗では扱わないインチキ商品だってウワサを聞いたぜ。

 

ネットでしか入手出来ないのではなく、実店舗では相手にしてもらえない、置いてもらえない商品なのさ!!!

 

○これをご覧の皆様○
この後、インチキ商品を宣伝する内容や、凶悪サイトへの誘導URLを貼った回答が書き込まれたら、それはクソ業者の罠です。

 

知恵袋でステマ広告をしないと売れない商品がマトモである筈がありません。
また、回答に貼られたURLには凶悪なウイルスが仕込まれており、アクセスすると個人情報を盗まれて架空請求などの犯罪被害に遭います。

 

危険なインチキ商品やサイトの宣伝に騙されないように!

 

引用元:Yahoo知恵袋


そこでクリアネイルショットが本当に悪徳商品なのか徹底的に調査を行い、悪徳商品ではないと分かったのでその調査結果を報告しようと思い、こちらの記事を書かせていただきました。

 

これから購入しようと思っている方の参考になれば幸いです。

 

それではクリアネイルショットが本当に悪徳商品なのか?をご覧ください。

 

購入する方は公式サイトへどうぞ!
公式サイトへ⇒https://www.clearnailshot.com/

クリアネイルショットは悪徳商品なのか?

クリアネイルショットが悪徳商品だと思われている理由の1つに販売元の実態が良く分からないとのいうことがあります。

 

通販サイトで商品を購入しようと考えている人にとって販売元がしっかりしていることは重要なこと。

 

店舗での対面販売と違い、販売者の顔が見えない通販での売買ではもし仮に変な商品を売りつけられた場合、販売者に対して文句をいうのも一苦労だからです。

 

全く効果のない品物を買わされて文句を言おうとしたら「連絡先が分からない」「サイトが消えている」なんてこともあるんじゃないかと心配です。

 

購入するならしっかりとした社会的責任を果たせる企業からでなければいけません。

 

それではクリアネイルショットの販売元はしっかりとした社会的責任を果たせる企業なのでしょうか?

 

販売元は『株式会社 北の達人コーポレーション』という北海道の会社です。

 

聞いたことがない人も多いと思いますが北の達人コーポレーションは東証一部に上場している大企業なんです。

 

東証一部といえば国内のみならず、海外の投資家も常に注目している巨大株式市場です。

 

審査も厳しく日本を代表するような信用がある大きな会社しか上場できません。

 

もちろん東証一部上場企業だからといってクリアネイルショット自体に効果があるかどうかは別問題ですが、少なくとも詐欺を働くような会社から出ている商品ではないことは分かりました。

 

それでは悪徳だと思われている他の理由についての調査結果も見ていきましょう。

クリアネイルショットは悪徳商品だから薬局で販売されていないのでは?

クリアネイルショットは薬局では販売されていません。

 

 

 

なぜ薬局での取扱がないのかというと実はクリアネイルショットは薬ではないんです。

 

北の達人コーポレーションも製薬会社ではありませんから薬として販売はしていないんですね。

 

「え!じゃあやっぱり悪徳商品なんじゃ?」

 

と思う人もいるかもしれません。

 

ですが実は爪水虫の薬は薬剤師が常駐する薬局でしか販売できない第一類医薬品に分類され、ネットでは購入できません。

 

つまり、「爪水虫の薬」として販売してしまうとネットでは売れなくなってしまうのです。

 

そこで苦肉の策として爪用ジェルとして販売しているんですね。

 

「えー! それって薬機法違反なんじゃないの? 全く効果がない商品を売ってない?」

 

と思う人がいるんじゃないでしょうか?

 

厚生労働省に電話して確認を取ったのですが、実は薬機法では『薬と全く同じ成分であっても薬として売らなければ薬機法違反にはならない』んです。

 

もちろん、薬として売らないからといって例えば食品として売ろうとしたりすると食品安全基本法など別の法律がからんでくるわけですが、今回のように爪用ジェルとして販売する分には問題ないというわけです。

 

それでも薬として販売していないんだから全く効かないんじゃないか?と思い、その辺りのところを調査しました。

 

 

クリアネイルショットは効かないのではないか?

クリアネイルショットは実は効かないのではないかと思い調査したのですが、結論をいうとクリアネイルショットは効きます。

 

とはいえどんな爪水虫の症状にも100%効くというわけではありません。

 

重篤な症状の方は病院で飲み薬を処方して貰うかレーザー治療をしてください。

 

軽度の方であれば十分効果を発揮します。

 

というのも爪水虫が市販の水虫薬で治せないのは白癬菌が爪の中に感染し、薬が届かないためです。

 

白癬菌自体は薬に強い菌ではないため薬さえ届けば、時間はかかりますがやっつけること自体は出来るのです。

 

クリアネイルショットは爪に浸透しやすいジェルタイプ。

 

爪の親油性を利用してオイルに包まれた有効成分が爪の奥へ浸透するようになっています。

結局どんな人が買うべきか?

調査した結果クリアネイルショットは販売元がしっかりした爪水虫に効果がある商品だということは分かりました。

 

悪徳ではないということは分かりましたが、それでは結局どんな人が買うべきなのでしょうか?

 

調査してみて分かったことは

  • 病院へ行く時間がない人・病院へ行きたくない人
  • 爪水虫だとバレたくない人
  • 薬局やドラッグストアで爪水虫だと薬剤師に教えたくない人
  • 市販薬を毎回購入するのが面倒な人
  • 必要な時に購入するのを忘れてしまう人

以上のような人にうってつけの商品だということが分かりました。

 

爪水虫は本気で治そうとすると1年から1年半という長い時間がかかる病気です。

 

再発の可能性もある病気ですから治るまでは毎日忘れずに薬をつけたいですね。

 

特に病院での処方薬や薬局での市販薬は毎回購入しにいくのが面倒ですから、定期購入可能なクリアネイルショットは買い忘れがなく便利です。

 

購入を忘れてしまうような人にはおすすめです。

 

クリアネイルショットを最安値で購入したい方はこちらを参考にしてください⇒クリアネイルショットを最安値で購入するコツをご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加